ブログトップ

アルテミスの徒然日記

さんふらわあ さっぽろ By 東京港

今日は、久しぶりに・・・・・Blog をアップしました。(笑
で、今日は『お・や・す・み』でした <(_ _)>

午前中から、都内で(やることを済ませ・・・・・(謎 )
その後、羽田空港まで出かけ(飛行機を眺めたあと・・・)東京港へ寄り道して
『大きなひまわり』を見てきました。(笑

3月11日の『東日本大震災』後、津浪の影響でターミナルが被害を受けた、
茨城県の大洗港は、(6月中旬に再開を目指し)現在鋭意復旧中です。
現在は、発着港を大洗港から東京港に移し、トラックシャーシ(貨物)のみの
航送に留め(一般の乗客・車両は乗せずに)運航をしています。
e0047026_1851633.jpg

・・・・・実は、20年以上前までは現在の茨城県の大洗港からではなく、
『臨海副都心』として名高い有明の「東京港フェリーターミナル」から、臨時ダイヤ
(時刻表)にて、東京-苫小牧間を30時間を切る時間で貨物輸送を担ってます。 

※ 事故が起きた、福島第一原子力発電所付近の沿海では、通常の航路より
本州から数10km 程(出来るだけ放射線被爆から避ける為)離れつつ、汚染されない
様に十分な配慮を行って航行している様です。
本来は、『沿海航路』専用の船舶であるため、20km 以内を航行する事になって
いますが・・・・・(こういう事情なので)国土交通省の特別認可の下で、福島第一原発
付近を大幅に迂回して航行している様です。

e0047026_18511730.jpg

e0047026_18512726.jpg

東京港フェリーターミナル、第4バースに留まる『さんふらわあ さっぽろ』

実は、僕が子供の頃・・・・・この場所に「さんふらわあ」でも、那智勝浦~高知
へ向かう、『さんふらわあ 8』(『さんふらわあ とさ』に改名)が着岸してました。
(かれこれ、昭和50年代前半(当時小学生頃)の思い出ですが・・・(苦笑 )
30数年ぶりにそれも、『北海道行き』の、さんふらわあ。が着岸するとは・・・・・。
説明すると長~くなりますが、僕の子供の頃は、北海道航路は2つありまして
近海郵船フェリー(現在の日本郵船系)が、東京-釧路間を、32時間掛けて
1万t にも満たないクラスのフェリー3隻で航行していました。
(まりも・さろま・ましう・・・・・懐かしい(爆 )
で、現在の『(太平洋を運行する)さんふらわあ』の前身でもあった・・・・・
『日本沿海フェリー』(しれとこ丸・えりも丸・さっぽろ丸+(今でいうRORO船扱いの)
とうきょう丸・とまこまい丸・ほっかいどう丸)で、東京-苫小牧間を30時間もの時間を
かけて、(ほぼ)毎日運航していました。
※ 自分なりの『うんちく』です <(_ _)> スミマセン

荷役の作業員の方々は、船尾に待機するマイクロバスで車内待機されていましたが
ナンバープレートを見ると『水戸』ナンバーでした。
荷役のためだけに、東京港までわざわざ出てこられているんだ。と実感。

実は、某 SNS 経由でお知り合いになった、商船三井フェリーの現役船乗りの
「よっさー」さんへ電話してみるも・・・・・出ない。
(もしかしたら、違う船で乗船業務されているんだろうか?と思いながらも)
黙~って、積み込み風景を眺め(船から)降りてきた、船員さんに(一声かけてみる)

僕)「あの~この船って、何時に出航するんですか?」
船)「え~っと、14:50分出航ですね」 (この時、14時ちょうど位。)
僕)「そうなんですか。(思い切って)あの~この船に〇〇さん乗ってますか?」
船)(一瞬、えっ!?っと間があり・・・)「あ~いますケド・・・・・どちら様?」
僕)「アルテミス(もちろん、本名で名乗る)と、いいますが・・・・・。」
船)「あ、ちょっと呼んできます・・・・お待ちください」
(と、いうやりとりの下・・・・・)
次々積み込まれていく、トレーラーやマイクロバス、大型農耕車等を眺めてました。

見慣れている、積み込み風景なのですが・・・・・心なしか、大洗や苫小牧で眺める
荷役の様子と比べたら、(心なしか)船内はガラガラと印象を受けました。

そして、10分ほど待つと・・・・・作業服をまとった「よっさー」さんが降りてきて
下さいまして・・・・・約1年ぶりにお会いする事が出来ました。
商船三井フェリーの公式サイトでも発表している、6月中旬までに大洗港での
通常運行再開(あくまでもHP 上での予定)の事や、この船『さんふらわあ さっぽろ』
(旧・ばるな)で今年初めに行われた、定期検査や化粧直しの時のご苦労話し等々。

出航を、20分後に控え、お忙しい中・・・・・。
たった、15分程でしたが、中身の濃〜い話しをお聞かせ頂きました。 <( _ _ )>

よっさーさん・・・・・お忙しい時間に(わざわざ)お会い頂き本当に有難うございます。

TV 等で報道される事と現状は違う事・・・・・・それと(自分たちは)身を張ってこの
業務に就いている。(自身と志気の高さ)をまじまじと感じました。<(_ _)>

逆に・・・・・(今迄の)自分の仕事の仕方に・・・・・(改めて)反省しつつ、
今後も一生懸命に頑張って(自分のする事に)『自信を持とう!』と感じました。

「よっさーさん」・・・・・また、近いうちにお会いできる事を願っています。
大変な、状況下でお仕事をなされているかと思いますが、『ご安航』を
心から、お祈り申し上げております。 <( _ _ )>
(今日は、本当に有難うございました!!) 感謝・感激です。

P.S.
14:50 に、東京港フェリーターミナルを出航した『さんふらわあ さっぽろ』は
現在、東京湾を南下〜太平洋へ出て、千葉県勝浦市沖を航行しているようです。
北上するにあたり、どんどん航路を本州から離れながら北へ向かっています。
[PR]
by Artemis_g3 | 2011-05-24 21:00 | フェリー | Comments(0)

おかげさまで・・・・・12年目に突入!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30