ブログトップ

アルテミスの徒然日記

渓流釣りに林道アタック!!

昨日『台風』の様に大荒れだった天気は、昨夜遅くまで続き
明け方には止んだモノの・・・・・1日ドンヨリした天気。

増水していた近くの川の水も引き、濁りも取れてきたので
釣り竿片手に、渓流釣りに。
・・・・・しかし釣れるのは、30cmもあるウグイ(ハヤ)
(毎回、近所の川で釣りをするとこんな事言ってますね(笑 )
で「餌釣り」を一旦止め、ルアー釣りに切り換え投げると・・・・・
15cm に満たない「ヤマベ」(本州では「ヤマメ」)がヒット!!

まぁ、(釣りする)時間はまだあるので・・・・リベンジを必ず。

で、そのまま戻らずに『林道アタック』へ(笑
e0047026_2052323.jpg

両親宅のそばを流れる『沙流川(さるかわ)』の支流沿いに、
ピストン(行き止まり)林道があり、ここを「デリカD:5」で走る
のを(実は今回)楽しみにしてました(爆
片側は渓流、もう片方を山林や崖に囲まれており、いつも走るのと
ちょっと違う楽しみ方が出来ます。
e0047026_20574317.jpg

5Km程走ると、森の中に忽然と現れる「廃墟」。
前にこの林道を、オヤジの車で釣りに行くため走った時になにげに
見た記憶が残っており、今回は車を停めカメラを出しました。

あとで、オヤジに写真を見せ聞いてみると・・・・・。
昭和40年代後半まで、この一帯は『クロム鉱』の産地だったそうで
両親の住まいの辺りも、大きい集落があっととか。
(現在は、両親宅を含め3〜4軒のみ)
宿舎やら商店、それに学校や公会堂なども山間にあったとか。
『たぶん、学校の跡地なんでは?』との事。
雑木林の中に、無機質な建造物・・・・・そのアンバランスに見とれて
いると、ナニやら視線を感じ。
e0047026_2058174.jpg

木の間から顔を覗かせたのは「キタキツネの仔」(笑
ちと、ビビってましたが・・・・・意外と逃げずに留まってました。

その後車を走らせ・・・起点から約13km先で、残念ながらゲート封鎖。
e0047026_2182337.jpg

「仁世宇(ニセウ)林道」といいます。
e0047026_2181215.jpg

ゲートは、大きい南京錠が掛かり「完全封鎖」です。
・・・・・もう、前には進めません <( _ _ )> ザンネン

やむなく、転回出来る所まで(約300m程後方)下がり、ようやく転回
する事が出来たので、来た道を(渋々)戻ると・・・・・。
e0047026_21155868.jpg

また、キタキツネが!
e0047026_21161397.jpg

・・・・・15分位前に通り過ぎた『廃墟』で見かけたのと似てる!?
ってか、コイツ・・・・・道路っ端でくつろいでるし(笑
e0047026_21221918.jpg

よーく見ると、脇腹と両手にある「黒ずみ」から(多分)さっき見かけた
キツネと確信・・・・・仔ギツネだからか、好奇心旺盛で逃げようとせず。

※ 望遠レンズで撮ってますが、最近距離で5m弱。
e0047026_21233461.jpg

コチラの出方を待っているのか(笑・・・・・最後には『大あくび』を。


野生のキツネは、伝染病を保菌している確立が高いので安易に触る気は
しないけれど・・・・・でも、可愛かった!!(笑

我が家の愛犬は、今朝1時間以上掛け散歩したらかなり疲れた様で。
朝ご飯を貰った後、2匹で並んで(おとなしく)寝てました(笑
[PR]
Commented by さとう at 2011-07-06 16:25 x
キタキツネは逃げませんし、人に馴れちゃっていますからね。
昔北海道に行った時、逃げるより近づいて来ましたので、
どこのキツネも同じなんですね。
Commented by Artemis_g3 at 2011-07-17 12:46
>>さとう さん。
雑木林の中に忽然と現れる「廃墟」にただただ呆然と
しつつ。の状況でしたので、キタキツネの登場には
(さほど)ビックリしませんでしたが、余りの警戒心の
なさに、人間の方が(感染の危険を理解しているので)
ビビっていました。(自爆
by Artemis_g3 | 2011-07-05 21:30 | 日記 | Comments(2)

おかげさまで・・・・・12年目に突入!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31