ブログトップ

アルテミスの徒然日記

2007年 05月 21日 ( 1 )

介護福祉士の実態。

毎日新聞の Web 版に興味深い記事がありました。
介護福祉士:資格持つ4割が職就かず 給与・待遇悪く

この記事を見ると、年々受験者が増大し有資格者が増加している反面
待遇(休暇・給与など)が悪く、資格を活かせずに違う仕事をしたりする
人が有資格者全体の4割を占める。というのです。

確かに、福祉の仕事。といっても業種が様々で、やはり直接的な介護に
携わる職場(施設など)で働く人に取ったら、給与や休暇などの待遇は
ホントよくありません。
(僕も障害者の施設で 4年近く働きましたが、希望休が取りにくかったり
と、色々な面で苦労がありました。)
労働関連の法律などにも合わせて、この辺の対応はキチンとして欲しいなぁ
と思いますが、福祉の法律もここ数年著しく変化しており、利用者だけでなく
サービス提供する事業者や、そこで働く職員等にも段々負担が大きくなってい
く様に感じてます。
国を挙げて、高齢化対策に取り組んでいるのだから「介護福祉士」だけでなく
福祉従事者全体にも手厚い対応を望みたいと思います。

P.S.
今日は、毎日新聞の記事に沿って僕なりの見解を書きました。
「それは違うんじゃ?」とかありましたら、遠慮無くご意見下さい。
(誤解を生む書き方でしたら、訂正させて頂きますので)
[PR]
by Artemis_g3 | 2007-05-21 21:30 | 福祉系 | Comments(7)

おかげさまで・・・・・12年目に突入!